屋上緑化に関する情報ならエコガーデン.JP

屋上ガーデン見学ツアー☆後編 - 池田菜王子の雑記帳 スタッフのご紹介

池田菜王子の雑記帖

屋上ガーデン見学ツアー☆後編

写真と文:池田菜王子

(更新日:2004/10/19)

有楽町コリーヌを見た後は、いよいよメインの高島屋@二子玉川へ!
玉川高島屋の屋上庭園は、昔からあったものをリニューアルしたものと、新館にも造った庭園をとてもうまく融合させています。

玉川高島屋屋上庭園

ブランドショップを抜けて、屋上の扉を開けると、大きなミモザが目に飛び込んできました。

東邦レオでは使用禁止になってしまったこの樹木。
葉っぱの色がシルバーブルーでとても素敵で、春になると黄色い花を一斉に咲かせる素敵な木です。
が、デカイ!デカイんですのよ、奥様。
大きく育つのはいいのですが、その成長速度が半端じゃぁないっ!1mの苗を植えたハズが、3年後には3〜4mになってしまいます。幹も最初は親指くらいの太さなのに、2年後には確実に私の二の腕級(つまりとっても太くて丈夫ってコト)に肥大しています。
鉢植えで育てると、全然成長しないのに、屋上の花壇に植栽した途端に変化(ヘンゲ)します。
毎年プロが管理に入れるようなお庭であればいいのですが、剪定を間違えると、大きくなりすぎた枝が台風で折れてしまったり、ひどいときには根本から折れてしまう、丈夫なんだかか弱いんだかよくわからない樹木です。

大きなミモザ



広場

ちょうど真ん中あたりが広場になっていて、芝生とデッキのバランスがとてもよく、まるでヨーロッパの公園のような、開放感あふれる空間になっていました。
こんな場所で毎日ランチできたらなー。




こちらは新館のほうの庭園。
個人的に、こういう空間構成が大!好きです。かっこい〜
芝生・タイル・デッキ・水辺をこれほど巧く組み合わせられるのはものすごいセンスなのです。
こんな素敵な空間が、東京にもっとたくさんあって欲しいです。こげ茶の壁とかも、本当に素敵。
しかもその壁から水が流れ落ちて、竹のさやさやと風にそよぐ音と重なって、午後のお茶の時間をさらに豊かなものにしてくれます。

流れ落ちる水

高島屋 庭園

高島屋 庭園




屋上を離れて、3Fにもお庭があります。
やはり、バラがシンボルの高島屋、こちらはローズガーデンになっていました。
真夏で季節はずれとはいうものの、何種類かのバラが満開で、ほのかな香りが漂っています。

ローズガーデン

噴水

ところで、ふとお庭の目立たない箇所に噴水があるのを見つけたのですが、なんだかフシギなディテイル・・・
アンモナイトみたいな貝と、この魚は鯉?
貝と鯉、かいとこい・・・かいにこい・・・買いに来い?まさかね。



1日でたったの3箇所しか回れませんでしたが、とっても楽しいツアーでした。あんまり勉強にはなってない・・・
しかも、全然関係ないランチや物産展に目が行ってしまい、本来の目的をすっかり忘れていたような気もします。
意外と都内では気軽に見られる屋上庭園が少ないなー、というのが今回の感想です。いろいろ探してみたのですが、人工地盤上の植栽、というのは結構あるのですが(駐車場の上など)、人が集える庭園として造られているのは、まだまだ数は少ないようです。
意外と埼玉や神奈川などのほうが多いのかもしれません。他にも、喜多見の操車場上の公園などいろいろありますが、また機会を作って行ってみようと思っています。


  • 今月の屋上庭園
  • HAPPY!みんなの屋上生活
  • スタッフのご紹介
  • ガーデンプランナー池田菜王子の雑記帖
  • モデルガーデンのご見学
  • メディア掲載情報
ガーデンフォトコンテスト