屋上緑化に関する情報ならエコガーデン.JP

ピンクシャワー☆in京都 つまみ食い編 - 池田菜王子の雑記帳 スタッフのご紹介

池田菜王子の雑記帖

ピンクシャワー☆in京都 つまみ食い編

写真と文:池田菜王子

(更新日:2004/05/25)

大学生の頃から、1年に1〜2回は京都に行ってます。
しかし、まだまだ京都フリークにはおよばない私。

雑誌に美味しそうなお店が載っていれば、すぐに行ってしまいます。
こんな私でも、京都に行ったら必ず食べるものが何個かあります。

二条若狭屋

二条若狭屋の和菓子

二条城のすぐそばにあります。雑誌には、懐中汁粉が載っていたのですが、その入れ物の箱がとっても可愛いのです。和菓子もまた、食べるのがもったいないほど美しいです。そう、美しいのですよ、食べ物で美しいものってなかなかないですよね。

お土産を買った人にも、銘菓焼き栗と昆布茶を出してもらえます。



いづうのお鮨

すんごぉく、入りづらい店舗です。こんなナリで入っていいんだろうか、ヨソモノですがいいんでしょうか。というぐらい緊張しますが、予想を裏切って、親切な店員さんたちが迎えてくれます。

春は、鯛のお鮨がおススメということでした。 もともと、鱒寿司みたいなゴハンがぎゅっと詰まっているのが大好きなのですが、さらにこの鯖鮨には昆布が巻かれていて、「これは食べないで」と言われていたのを無視して、店員さんの目を盗んで完食。昆布も相当おいしいっす。

いづう鯖・鯛鮨

また行きます。でも、池袋西武でも鯖鮨のみは売られているみたい。



ぎをん小森

ぎをん小森の抹茶クリームあんみつ

祇園白川沿いにある甘味処。入り口の柳がとても涼しげ、そして座席の下の小窓を明ければ小川のせせらぎに癒されることができます。

京都の食べ物屋さんには、だいたい小さな坪庭がついていたりして、季節を感じながら食物を戴くことができ、なんというかお料理の見た目だけではなくて、その場の雰囲気も含めて、「食事の美を楽しむ」ことができるというのは、やはりひとつの文化なのかなぁ、なんてぼんやり思うこの頃です。



清水坂の豆乳ドーナツ

最初に豆乳ドーナツなるものを知ったのは、錦市場でしたが、近頃は清水寺に行く途中でこれを食してます。

清水寺のライトアップをドーナツ片手に鑑賞・・・というのが最近の私のスタイル(行儀悪い?)。
さくさく、ふんわりしていてほんのり甘い・・・あ〜、幸せ。

豆乳ドーナツ

他にも、鍵善良房のくずきりや、ひやしあめ、大河内山荘のお抹茶と和菓子などなど、私をハッピーにしてくれる食べ物が京都にはたっくさんあります。
食べ物って、心の栄養でもあるんですよねー。特に甘いもの!

そんなに食べたら太るっちゅうねん。大丈夫、京都では朝から晩まで歩き回ってるから、たぶん1日2万歩は超えてると思うのです。たぶんね。
お金がない学生のころは、自転車かりて、東山から嵐山まで突っ走りました。帰りのことも考えず。




  • 今月の屋上庭園
  • HAPPY!みんなの屋上生活
  • スタッフのご紹介
  • ガーデンプランナー池田菜王子の雑記帖
  • モデルガーデンのご見学
  • メディア掲載情報
ガーデンフォトコンテスト