植栽は自分たちで楽しんでいますー。 【 CASE 1 】

Iさん 忘れた頃に花を咲かせてくれる、
宿根草は本当にかわいい!

板橋区 Iさん
全景写真
<< 庭に咲いた花をモチーフに描かれた絵の前で

4月、Iさんの屋上ではたくさんの植物が春が待ち遠しかったとばかりに芽吹き始めます。
「一千種くらいはあるかな。」というIさんの屋上庭園の植物たちはどれも元気。
「屋上は日当たりがいいから、みんな元気に育ってる。虫も地上の庭よりだいぶ少ない気がする。」とIさんはおっしゃいます。

今、屋上ではシランが芽をだし、チューリップやムスカリが花を咲かせています。
「宿根草って忘れた頃に花を咲かせてくれるから、本当にかわいい。お庭をつくるなら宿根草を植えると、とても楽しいと思うわ。」

シラン
芽が出てきたシラン
桃の花 ブルーベリーの花

ブルーベリー、さくらんぼ、カキ、モモ・・たくさんの果樹も元気に育っています。
「モモは肥料にしようと土に混ぜた"ゴミ"のなかからでてきたものなの。でも、甘くておいしいのよ!」

モモ(左)とブルーベリー(右)の花

バラとスミレが大好きなIさん。たくさんの種類を育てられていて、スミレは30種類くらいあるとか。「スミレはこぼれ種で増えるの。バラは図鑑に載っていないものもあるわ。」

バラやスミレだけでなく、ペチコートスイセンなどのめずらしいお花もところどころに顔を覗かせています。"自然な感じ"を希望されていたIさん。思い描いていた庭が完成されていました。

バラの苗 花
準備されたバラの苗(左)