屋上緑化に関する情報ならエコガーデン.JP

屋上庭園システム 屋上緑化の基礎知識

屋上庭園システム - エコフィールド

屋上庭園システム『エコ・フィールド』は屋上専用の大きな花壇です。
根が建物を傷める事を防ぐ耐根対策、土中の通気性を高める貯・排水層の確保、扱いやすく建物への負担が少ない軽量土壌。
これらの複合機能が快適で安心な屋上緑化を可能にしました。

こちらでご紹介しているのは基本となるシステムです。
建物の構造や防水の種類によって仕様が変わります。

『エコ・フィールド』断面図

1.耐根シート - ルートガード
根が建物を傷めないように強靭な耐根シートを敷きます。紫外線があたらないので、土の下は半永久的に効果を発揮します。
2.軽量土留め - EFパネル
軽量で耐久性のあるアルミ製パネルを組み合わせて花壇をつくります。土が直接、建物に触れないクリーン工法です。
3.保護シート
万一のことを考え、保護シートを敷設します。耐根シートと合わせて使用することにより、二重の安心となります。
4.貯水・排水ボード - αウェイブ
凹凸形状のボードは表が貯水機能、裏が排水機能になっています。植物に必要な水を確保しながら、速やかに余った水を排水します。
5.ホワイトローム4F
酸素不足の水は直接根腐れの原因となります。ホワイトロームは貯水された水に酸素を供給し、新鮮な状態に保ちます。
6.軽量人工土壌 - ビバソイル
一般土の約半分の重さで建物に対する負担を最小限にしました。根に必要な水、酵素、養分をバランスよく供給します。
7.潅水システム
植物の要求量にあわせて点滴潅水できる効率的なシステムです。
 
  • 今月の屋上庭園
  • HAPPY!みんなの屋上生活
  • スタッフのご紹介
  • ガーデンプランナー池田菜王子の雑記帖
  • モデルガーデンのご見学
  • メディア掲載情報
屋上庭園の工事について 工事までの流れ
エコ・ガーデン ロゴマーク 屋上緑化 HOME > 屋上緑化の基礎知識 > 屋上庭園システム