屋上緑化に関する情報ならエコガーデン.JP

屋上緑化に最大2000万円迄の助成制度「クールルーフ推進事業」 法人施設の屋上緑化

屋上緑化に最大2000万円迄の助成制度、クールルーフ推進事業

助成制度活用事例「豊島屋ビル・屋上庭園」屋上緑化や高反射率塗料による地球温暖化対策及びヒートアイランド対策として、クールルーフ推進協議会が実施している「クールルーフ推進事業」。

上記都内7区で、夏季、定期的に空調機器を使用する部屋直上部の屋上及び屋根に、屋上緑化もしくは高反射率塗料を施工する場合、屋上緑化で2000万円迄、高反射率塗料で500万円迄の補助(施工面積50平方メートル以上(※1)・補助率は対象経費の2分の1)が受けられます(※2)。



新築・既築問わず、個人の方でも法人(民間企業)の方でも
助成を受けられるところが大きな特徴です。

昨年は3回にわたり公募があり、屋上緑化分野では事務所ビルや共同住宅、ホテル、駅ビルなど12件に対して助成が行われました。このうち東邦レオでは3件の屋上緑化工事に携わっています。

平成19年度のクールルーフ推進事業は、4月10日(火)から募集が開始になります。身近な屋上を使って、ヒートアイランド対策を実践してみたい方、テナントや従業員の方々のくつろぎの場を提供されたいと思われている方、ただいま東邦レオでは、無料で屋上緑化のご相談に対応しています。お電話やメールでお問合せください。

3月22日(木)に、クールルーフ推進事業についてのシンポジウムが開催され、屋上ガーデンプランナーの大山雄也が、既存施設でも導入可能な屋上緑化手法や失敗回避のポイント、所有者の方々のメリットについて発表しています。詳しくは、講演レポートのページをご覧ください。


クールルーフ推進事業シンポジウム講演レポートへ

※1 屋上緑化については、都及び区の緑化計画書制度に該当する場合、義務化対象分を超えて施工する屋上緑化面積が50平方メートル以上のものが対象となります。
※2 屋上緑化では蒸発効率の高い植物が対象(セダム・コケは対象外)で、高反射率塗料は第三者機関にて測定した日射反射率が50%以上(灰色)を有する製品であることと設定されていますのでご注意下さい。

クールルーフ推進事業シンポジウム講演レポート

お問合せはこちらからどうぞ
  • 今月の屋上庭園
  • HAPPY!みんなの屋上生活
  • スタッフのご紹介
  • ガーデンプランナー池田菜王子の雑記帖
  • モデルガーデンのご見学
  • メディア掲載情報
東京労災病院カフェスタイルガーデン
エコ・ガーデン ロゴマーク 屋上緑化 HOME > 法人のお客さまへ